子どもに人気の野菜「かぼちゃ」

子どもは、苦い野菜や辛い野菜などは苦手かもしれませんが、かぼちゃなど甘みのある野菜は好んで食べてくれることが多いようです。かぼちゃを使った料理というと、やはり煮込みでしょうか。煮汁をたっぷり含ませて煮てあげると、しっとりとして喉通りも良く、喜んで食べてくれるでしょう。おいしいと認識してくれるなら、次もまたおいしく食べてくれるはずです。

 

かぼちゃの煮込みをたくさん作って余ったとしても、おやつに変身させることができるので大丈夫です。かぼちゃをつぶし、片栗粉を入れて混ぜます。フライパンに薄く油をひいて、かぼちゃを1口大に丸めて焼き、裏も同じように焼きます。栄養たっぷりの「かぼちゃもち」のできあがりです。子どものおやつにぴったりです。このようなアイデアを学べる資格講座があります。

 

「幼児食マイスター」の資格について

「幼児食マイスター」という資格講座があります。近年の核家族化の傾向に伴い、家族の人数が減り、幼児食の知識がないまま子育てをしている若い世代も多くなっています。幼児食は、子どもの健康に直接関係がある重要なものですが、知識がないと幼児食を軽く見てしまい、小さなうちから生活習慣病になってしまうリスクを負ってしまうお子さんもいます。「幼児食マイスター」は、食事作りの基礎、実践など、幼児食に関する幅広い知識を得ることができます。

 

また、体の発達に応じた幼児食を学べますし、食品の選び方や量などの知識も得られます。この資格を、自分の子育てに役立てるために取ろうと思う女性は多くいますが、育児に関係する仕事に就いていたり、食事関連のビジネスのために資格を取るというケースも増えています。

 

「食育健康アドバイザー」の資格について

「食育健康アドバイザー」という資格講座もあります。子どもにとって、食生活から得る栄養は健康の基本です。「食育健康アドバイザー」という資格講座では、正しい食材の選び方や、献立作りを学んで、毎日の食生活に役立てることができます。バランスの良い献立を考え、年代や状況に合わせた食育メニューを提供することができます。

 

子どもに、食べることの楽しさや、大切さを伝えることができます。食に関する総合的な知識を習得し、食育の専門家になって、健康的な献立の作り方を身につけましょう。資格を取得した後は、教育・保育・医療・介護の分野に活かすことができます。

 

まとめ

子どもに人気のかぼちゃは、βカロチンやビタミンが豊富な野菜です。さらに、カルシウム、カリウム、鉄などもバランス良く含まれています。

 

ぜひ、積極的に食べさせましょう。子どもの「食」に関する専門的な知識を学べる資格講座もおすすめです。

関連ページ

家族の負担を減らす食事作り
食事作り、これは毎日、毎食のことですから、できるだけ家族に負担をかけることなく、効率良く作って、さっと食卓に出したいものです。主婦は、家族の健康を願っていますから、旬の食材を使うよう心掛けたり、栄養面や経済的なことも考えて食材を揃えます。
親子関係の改善ができるチャンスかも
毎日忙しく働いておられるママは、疲れがピークに達すると、いっぱいいっぱいになる時があります。でも、小さなお子さんがいると休むことができませんし、食事の面で手を抜くことはできません。
幼児食や作りおきご飯で子育てサポート
「幼児食インストラクター」という資格があります。今は、少子化ということもあり、健康的な子どもに育てたいと考える親が多くなりました。
幼児が好むご飯を作って孫に好かれよう
「幼児食アドバイザー」という資格講座もあります。近年の核家族化の傾向に伴い、家族の人数が減り、幼児食の知識がないまま子育てをしている若い世代も多くなっています。
健康な調味料で甘さを引き出そう
様々な料理にも、お菓子やデザートにも甘みをつけるため、白砂糖をよく使うと思います。価格も安いことから、人気ですが、体を冷やしたり、低血糖を引き起こすこともあるといわれています。そこで、使いできるだけ健康的な甘味調味料を使うことをおすすめしたいと思います。
子どもが大好きな唐揚げの上手な作り方
唐揚げといえば、子どもから大人までみんな大好きなメニューです。お弁当に入れてほしい人気のおかずです。外はサクサク、中はジューシーになるように上手に揚げて、喜んでもらいましょう。プロのコツやポイントをおさえていきましょう。
子どもが魚を食べてくれる幼児食
幼児期になると、食べられるものも増えてきて、毎日食事を作るママやおばあちゃんは腕を振るいたくなります。初めて口にするものも嫌がらず、何でも食べてくれるとうれしいものですが、中には、魚が苦手というお子さんもおられるようです。
幼児食資格をとるのに必要な期間と費用
「幼児食インストラクター」という資格もあります。少子化の現代、子どもを健康的に育てたいと考える親が多くなりました。最近、幼児食の大切さが見直されてきました。「幼児食インストラクター」は、幼児期に、成長に必要とされる栄養素や食事のバランスなど、食事の重要性を基礎から学びます。
偏食が激しい場合の幼児食アイデア
食に関する総合的な知識を習得し、食育の専門家になって、健康的な献立の作り方を身につけましょう。資格を取得した後は、教育・保育・医療・介護の分野に活かすことができます。
育児支援で一番助かるのはなに?
育児支援というと、各都道府県によって違いがあります。たとえば、第二子はおむつが無料になる市があります。また、ベビー用品のレンタル料が格安という市もあります。社会全体で子育てを支援してくれていると感じられるのは心強いものです。
甘みがある食べ物は子どもがよく食べる
甘みのある食べ物は、刺激がないので安全なものと判断し、好んでよく食べるということなのです。でも、親としては、栄養面を考えると苦みのある野菜も工夫して食べさせたいと思うはずです。そこで、役立つ資格講座がありますので、参考になさってください。
DHAやEPAを意識した食べやすい食事
魚に多く含まれているDHAとEPAですが、酸化しやすい栄養素といわれています。ですから、一番良い食べ方は、お刺身で食べることです。焼き魚にすると、約20%、フライや天ぷらなど、揚げると約50%もDHA、EPAが失われてしまいます。
健康的な幼児食スイーツの作り方
幼児におやつは欠かせません。体がまだ小さく、一度の食事で食べることができる量も少ないからです。しかし、代謝が活発で元気に動きますから、エネルギーや栄養が足りません。それで、栄養を補うため、食事と食事の間に捕食としておやつを食べます。
母親でも作れる簡単幼児食のレシピ
母親は、毎日忙しく過ごしています。でも、自分のことよりも子どもの健康を考え、栄養満点のおいしい料理を作っています。幼児期の食事は、いろいろな要素を取り入れなければなりません。好き嫌いがはっきりしてきたり、イヤイヤ期が重なったりして、食べさせるのも一苦労です。
歯茎でも咀嚼しやすい幼児食
離乳食を卒業すると、幼児食がはじまります。離乳食が終わったからといって、すぐに大人と同じように食べられるわけではありません。3歳ころまでは、まだ噛む力は未熟なので、歯茎でも咀嚼できるくらいのやわらかさにして、食べやすくしてあげる必要があります。
子どもの消化を助けるスパイス
料理のアクセントとして、スパイスを使う方は多いと思います。子どもの味覚センサーは、大人の3倍も感度が高いので、辛いスパイスなどは控えておられるでしょう。でも、スパイスには、消化を助けてくれるものもあります。
子どもの多くが苦手とする食材
子どもは、味やニオイ、そして食感によって好きか嫌いか分けてしまうといわれています。子どもの多くが苦手な食材とは何でしょうか。緑色の食材が苦手というお子さんは多いようです。ピーマン、ホウレン草、きゅうりなどです。色は可愛らしいのですが、ニンジン、他にはナスなども苦手なお子さんが多いようです。
初めてのものを子どもに食べさせる時の注意点
初めて口にするものを食べると、子どもはいろいろな表情をします。親の皆さんは、きっとよく観察なさっていることでしょう。いらないと口から出してしまうこともあります。飲み込めないと、窒息してしまうかもしれません。
スプーンと箸を効率的に教える方法
子どもは、自分で食べたいという欲求がありますから、器用に手を使って食べ物を口に運びます。成長するにつれて、スプーンや箸を使って食べるように教えていく必要があります。効率的に教える、良い方法があるでしょうか。
安全フォークを使わせる時期は?
子どもは、成長するにつれて、食べ物にも、また、食べ物を運んでくれるフォークにも興味を示します。でも、フォークは使い方を間違うと危険です。喉の奥まで入れてしまうかもしれません。
子どもの手先を器用にする方法
赤ちゃんの頃は、どの子も両手を上手に動かしています。それほど差はないように感じます。でも、大きくなってくると、手先が器用はか不器用か差が出てきます。その違いは何でしょうか。それは、よく手を動かすかどうかということが関係しているようです。
薬膳資格を取るには
「薬膳」に注目が集まっています。体調を良くするため、漢方薬膳を摂り入れる方が増えています。現代医学は、身体の部分を診て悪い物を取り除く対症療法を行いますが、漢方医学では、身体の全体を診てバランスを整えます。
食育資格を取るには
「食」に対する意識は年々高まっているように感じます。食育に取り組んでいる学校や幼稚園、保育園は多く、絵本や教材も、食育に関するものが多くなっています。食育とは、食物をバランスよく食べるための知識を身につけ、食品の選び方を学んでいくことです。
幼児食資格を取るには
「幼児食」とは、離乳食を完了した子ども、1歳〜6歳の幼児期の食事のことです。幼児の成長に合わせ、食事のみで栄養を摂れるように調理した食事のことをいいます。自分の子どものために、幼児食に関する専門的な知識を得ようと、資格を取得される方が増えています。