子どもがすすんで食べてくれるメニュー

子どもは、何でも興味を持ちます。スプーンやフォークが使えない時は、手を伸ばしてつかんで口に運びます。子どもが自分からどんどん食べてくれる食事のアイデアがあるでしょうか。細巻にしておられる方は多いようです。海苔で巻いてありますし、細いので持ちやすいので、喜んで食べてくれます。海苔にも工夫することができます。

 

噛み切りやすいように、海苔に小さな穴を開けることで、とても食べやすくなります。小さなお子さんが海苔を喉に詰まらせてしまったら大変です。ミシン目のように穴を開けるだけです。専用の道具もありますが、家にある物で代用できるでしょう。はた、タコ焼き器を使って、小さなオムライスを作ったり、ホットケーキミックスを入れてまん丸なケーキを作ることもできるでしょう。「食」に関する資格講座を受講して、専門的な知識を学ぶこともおすすめです。

 

「ベビーフードインストラクター」の資格を取るには

「ベビーフードインストラクター」という資格があります。今は、少子化ということもあり、健康的な子どもに育てたいと考える親が多くなりました。以前は、幼児食という分野はそれほど注目されていませんでした。最近になって、幼児食の大切さが見直されてきました。

 

「ベビーフードインストラクター」は、幼児期に、成長に必要とされる栄養素や食事のバランスなど、食事の重要性を基礎から学びます。管理栄養士と小児科の認める正しい知識を学べますので、資格を取るなら幼児食のプロになれます。

 

「幼児食マイスター」の資格を取るには

「幼児食マイスター」という資格もあります。近年の核家族化の傾向に伴い、家族の人数が減り、幼児食の知識がないまま子育てをしている若い世代も多くなっています。幼児食は、子どもの健康に直接関係がある重要なものですが、知識がないと幼児食を軽く見てしまい、小さなうちから生活習慣病になってしまうリスクを負ってしまうお子さんもいます。

 

「幼児食マイスター」は、食事作りの基礎、実践など、幼児食に関する幅広い知識を得ることができます。また、体の発達に応じた幼児食を学べますし、食品の選び方や量などの知識も得られます。この資格を、自分の子育てに役立てるために取ろうと思う女性は多くいますが、育児に関係する仕事に就いていたり、食事関連のビジネスのために資格を取るというケースも増えています。

 

まとめ

子どもが、自分からどんどん手を伸ばしておいしそうに食べてくれたら、本当にうれしく感じます。

 

安全面も考慮して、食べやすいサイズで食事を作ってあげましょう。「食」に関する、役立つ資格講座を受講するのもおすすめです。

関連ページ

幼児食マイスターになるには
赤ちゃんは、生後6ヶ月ころまでは母乳やミルクを飲んで育ちます。生後6ヶ月ころになると、離乳食がスタートしていきます。そして、離乳食が完了すると、次に幼児食がはじまります。
ベビーフードインストラクターになるには
ベビーフードとは、離乳食が完了する、1歳〜1歳半以上の幼児期のお子さんの食事のことをいいます。この時期の食事はとても大事で、栄養バランスを考えて食事を作らないと、虚弱体質、肥満、アレルギー体質の原因になってしまったり、味覚や心の発達にも影響を及ぼすといわれています。
子供向けの献立とレシピづくりのコツ
子供がいると、毎日飽きさせないようにおいしい食事を作るよう工夫しておられると思います。「またこれ?」と言われないよう、同じ食材でも調理法を変えて、飽きさせないように努力しておられることでしょう。
孫のお世話がしたい方向けの資格
今の時代、幼い子どもを預けて働きにでている親は多くいます。待機児童の問題はあっても、産休や育休の期間が終わるとすぐに働きにでなければならない事情もあるでしょう。