幼児食とは

赤ちゃんは、生後6ヶ月ころまでは母乳やミルクを飲んで育ちます。生後6ヶ月ころになると、離乳食がスタートしていきます。そして、離乳食が完了すると、次に幼児食がはじまります。しかし、幼児食といっても、体格、発達によっても個人差がありますので、その子に合った食事を用意してあげる必要があります。食べる量、目安どのように決めていったら良いのかわからないことも多いでしょう。

 

そのような時に役立つ資格があったら良いと思いませんか。子育て中のママや、おばあちゃんが今注目している資格に、「幼児食」に関する資格があります。どのような資格があるのか、ぜひ、チェックしてみましょう。

 

「幼児食マイスター」の資格を取ろう

「幼児食マイスター」という資格があります。どのような資格でしょうか。子どもに安全なものを食べてほしいと願う多くの方に人気の資格講座で、人気評判ランキング1位、満足した通信講座1位選ばれました。幼児に必要な栄養、理想とされる食事、レシピを学べます。幼児期というのは、体の成長、味覚や脳の発達など、とても大切な時期です。

 

この大切な時期に、栄養素やバランスを考えず、間違った食事をさせていると、発達に大きな影響を及ぼしてしまいます。この講座では、成長別のレシピ、食事の作り方、食物アレルギー、病気をした時のケアなど、正しい知識を身につけることができます。

 

「ベビーフードインストラクター」という資格もおすすめ

「ベビーフードインストラクター」という資格もあります。今は、少子化ということもあり、健康的な子どもに育てたいと考える親が多くなりました。以前は、幼児食という分野はそれほど注目されていませんでした。最近になって、幼児食の大切さが見直されてきました。「ベビーフードインストラクター」は、幼児期に、成長に必要とされる栄養素や食事のバランスなど、食事の重要性を基礎から学びます。

 

管理栄養士と小児科の認める正しい知識を学べますので、資格を取るなら幼児食のプロになれます。大体の目安として、テキストが到着してから、3ヵ月ほどで認定試験を受けることができるようになります。忙しくて途中で中断してしまったとしても、2年弱ほど期間が設定されていますので、時間に追われることなく安心して学ぶことができるでしょう。

 

まとめ

幼児期の食事は、その後の成長に大きく影響する、とても大事なものです。正しい知識を学んで、ご自身の子育てに活かしてみませんか。

 

「幼児食」に関する資格として、「幼児食マイスター」や、「ベビーフードインストラクター」等の資格があります。ご自宅で、都合の良い時間に学んでみましょう。

関連ページ

ベビーフードインストラクターになるには
ベビーフードとは、離乳食が完了する、1歳〜1歳半以上の幼児期のお子さんの食事のことをいいます。この時期の食事はとても大事で、栄養バランスを考えて食事を作らないと、虚弱体質、肥満、アレルギー体質の原因になってしまったり、味覚や心の発達にも影響を及ぼすといわれています。
子どもが自分でどんどん食べてくれる食事
子どもは、何でも興味を持ちます。スプーンやフォークが使えない時は、手を伸ばしてつかんで口に運びます。子どもが自分からどんどん食べてくれる食事のアイデアがあるでしょうか。細巻にしておられる方は多いようです。海苔で巻いてありますし、細いので持ちやすいので、喜んで食べてくれます。
子供向けの献立とレシピづくりのコツ
子供がいると、毎日飽きさせないようにおいしい食事を作るよう工夫しておられると思います。「またこれ?」と言われないよう、同じ食材でも調理法を変えて、飽きさせないように努力しておられることでしょう。
孫のお世話がしたい方向けの資格
今の時代、幼い子どもを預けて働きにでている親は多くいます。待機児童の問題はあっても、産休や育休の期間が終わるとすぐに働きにでなければならない事情もあるでしょう。