「ベビーフード」とは

ベビーフードとは、離乳食が完了する、1歳〜1歳半以上の幼児期のお子さんの食事のことをいいます。この時期の食事はとても大事で、栄養バランスを考えて食事を作らないと、虚弱体質、肥満、アレルギー体質の原因になってしまったり、味覚や心の発達にも影響を及ぼすといわれています。

 

そのような問題におちいらないように、幼児食に関する正しい知識を学ぼうとされるママ達が増えています。今は、さまざまな資格講座があり、ご自宅で、子育てをしながらでも十分受講していくことができるようになっています。興味のある方は、ぜひ、資格取得を目指して学んでみませんか。どのような資格講座があるでしょうか。

 

「ベビーフードインストラクター」の資格とは

「ベビーフードインストラクター」という資格があります。この資格は、子どもの成長に合わせた食事に関する知識を理解し、季節に合った献立、幼児に食べさせるおすすめの食材、行事における献立を考え、作ることができる方に与えられる資格です。

 

栄養のバランスが良く、幼児の体格、体質、運動量によって食事の量をコントロールすることができるようになります。「ベビーフードインストラクター」の資格を取得すると、得た知識を活かして、自宅やカルチャースクールなどで、講師として活動することができるようになります。子育てが終わったなら、経験と資格を活かして、ベビーフードコンサルタントとして活躍できる道もあります。

 

「ベビーフードインストラクター」の資格とは

「ベビーフードインストラクター」という資格もあります。今は、少子化ということもあり、健康的な子どもに育てたいと考える親が多くなりました。以前は、幼児食という分野はそれほど注目されていませんでしたが、最近になって、幼児食の大切さが見直されてきました。

 

「ベビーフードインストラクター」は、幼児期に、成長に必要とされる栄養素や食事のバランスなど、食事の重要性を基礎から学びます。管理栄養士と小児科の認める正しい知識を学べますので、資格を取るなら幼児食のプロになれます。最短2ヵ月ほどで認定試験を受けることができるようになります。

 

まとめ

ベビーフード、つまり、幼児期の食事は、とても大事なものです。正しい知識のないまま、バランスの悪い食事を作り、与えてしまうなら、子どもの成長に影響が生じてしまいます。

 

そこで、「食」に関する、「ベビーフードインストラクター」や、「ベビーフードインストラクター」の資格を取得してみるのはいかがですか。将来、仕事に就く際にも有利になります。

関連ページ

幼児食マイスターになるには
赤ちゃんは、生後6ヶ月ころまでは母乳やミルクを飲んで育ちます。生後6ヶ月ころになると、離乳食がスタートしていきます。そして、離乳食が完了すると、次に幼児食がはじまります。
子どもが自分でどんどん食べてくれる食事
子どもは、何でも興味を持ちます。スプーンやフォークが使えない時は、手を伸ばしてつかんで口に運びます。子どもが自分からどんどん食べてくれる食事のアイデアがあるでしょうか。細巻にしておられる方は多いようです。海苔で巻いてありますし、細いので持ちやすいので、喜んで食べてくれます。
子供向けの献立とレシピづくりのコツ
子供がいると、毎日飽きさせないようにおいしい食事を作るよう工夫しておられると思います。「またこれ?」と言われないよう、同じ食材でも調理法を変えて、飽きさせないように努力しておられることでしょう。
孫のお世話がしたい方向けの資格
今の時代、幼い子どもを預けて働きにでている親は多くいます。待機児童の問題はあっても、産休や育休の期間が終わるとすぐに働きにでなければならない事情もあるでしょう。